「長生きリスク」対策 50代限定 定年後のマネープラン!

「長生きリスク」に備える一番良い方法は?

  • 定年後の不安をなくしたい
  • 定年後は豊かに暮らしたい
  • お金の知識を身につけたい

こんな方は必見!

「長生きリスク」に備える一番良い方法は?

「長生き」が「リスク」になって来た!

日本人の平均寿命がどんどん伸びています。

2018年7月厚労省公表によると、2017年の平均寿命は男性81.09歳、女性87.26歳でした。男女とも6年連続のびています。

人生100年時代が現実味をおびてきました。



ところで、最近「長生きリスク」という言葉をよく聞くようになってきたと思いませんか?


ひと昔前までは「長生き」=「長寿」でした。

長寿を祝う名称がたくさんあります。
還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、紀寿・百寿(100歳)、茶寿(108歳)、皇寿(111歳)、大還暦(120歳)、すごいのは天寿(200歳)です。
この節目の日には、親戚一同が集ってお祝い会をやっていました。


また、この長寿社会を心待ちにしていた定年間近の50代の方はウキウキしていました。
  • 定年後は毎日が日曜日!自由な時間がたっぷりある。
  • 海外旅行に国内旅行!好きな時期にゆっくり安く旅ができる。
  • ゴルフ・登山・文化教室!好きな趣味にもトコトン打ち込める。
  • 貯蓄と年金で生活費の心配もいらない。
  • はーやく来い来い、定年年齢!
定年送別会では、キレイな花束をもらい「おめでとう」と笑顔で送ってくれました。


ところが一転して、最近は「長生き」=「リスク」となってきています。


なぜ「長生きリスク」といわれるようになってきたのでしょう?
また「長生きリスク」に備える方法ってあるんでしょうか?


これから約半世紀(50年)を生きぬく「50代」の方にとっては大きなテーマです!

昔の人は良かった!何で私が?

と大きな声で叫びたくなりますね。

でもご安心下さい!


このサイトは50代限定「長生きリスク」に備える「定年後のマネープラン」をご紹介する内容となっています。

「長生きリスク」の実態を見てみましょう!

 

それでは、「長生きリスク」の実態を見てみましょう。

 

最近 “下流老人”とか“老後破産”とか、ドキッとするタイトルの本が本屋さんの入口付近にたくさん並んでいます。

 

 

例えば・・・

 

  • 下流老人 “年収400万円でも!将来、生活保護” 藤田孝典
  • 下流中年 “誰もが転落予備軍” 雨宮処凛
  • 隠れ貧困 “年収800万円でも老後破産” 荻原博子
  • 老後破産 “長寿という悪夢” NHKスペシャル取材班
  •  

  • 続・下流老人 “下流老人は過労で死ぬ!?” 藤田孝典
  • 脱・貧困老後 “今なら間に合う” サンデー毎日取材班
  • 老人漂流社会 “他人事ではない老後の現実” NHKスペシャル取材班
  • 老後親子破産 NHKスペシャル取材班
  •  

  • 貧困クライシス “もう誰も逃れられない” 藤田孝典
  • ルポ難民化する老人たち “どこまでも壊れゆくニッポン” 林美保子
  • 弱者の居場所がない社会 “貧困問題の新しい入門書” 阿部彩
  • 10年後破綻する人・幸福な人 “老後破綻から身を守れ!” 荻原博子

 

などなど・・・・

タイトルにびっくりしますが、サブタイトルで“確かにそのとおり!”と納得してしまいます!

 

 

さらに、2025年問題も話題になっています!

 

2025年(平成37年)は、約800万人の団塊世代(1947年〜1949年生まれ)が75歳を迎える年です。
また、65歳以上の年金世代の人口が3,600万人を超え、約3人に1人が高齢者になってしまう年です。

 

この「超・高齢化現象」が社会に大きな問題を引き起こします。

 

これが2025年問題です。

 

 

また、TV・新聞・雑誌・WEB上でも年金・医療・介護・相続などの話題が連日にぎわっています。

 

  • 年金支給年齢の引上げ(70歳選択制)
  • 年金支給額の引き下げ(物価スライド)
  • 生活保護費の減額(2018年4月から)
  • 消費税率が8%から10%に(2019年10月から)

 

確かに、今の日本は少子高齢化が急速にすすんでいます。歴史始まって以来の現象です。

 

さらに、この傾向はこれからますます加速していきます。

 

これらの実態が「長生き」「リスク」といわれる理由です。

 

 

残念ながら・・・

もはや「長生き」は喜びではなく「リスク」となってしまいました。

「長生き」が「リスク」になる根本的な原因は?

 

では、「長生き」が「リスク」になる根本的な原因は何なんでしょうか?

 

答えは、「お金不足」でした。

 

 

確かに、「お金」については50代の方の「定年後の不安」としてあらわれています。

 

50代が感じている定年後の不安を厚生労働省が調査しています。

 

調査によると「健康不安44%」と「生活費不安39%」が合わせて83%です。「健康」と「生活費」への不安が圧倒的に高い数字を示しています。
詳しい説明は「50代が持つ定年後の不安」をご覧ください。

 

 

健康不安も生活費不安も根本的な原因は「お金不足」でした。

 

 

50代には定年後に必要な貯蓄ができません。
詳しい説明は「50代は隠れ貧困」をご覧ください。

 

それに、定年後の収入の柱年金が少なくなっていきます。
詳しい説明は「意外と少ない年金手取り額」をご覧ください。

 

 

つまり、定年後に「お金が足りない」ことが「長生き」「リスク」になる主な原因でした!

 

 

ここで、お金足りなくなる衝撃的な例をご覧ください。

 

このグラフは、これから何度も登場してきます50代の鈴木さん(仮名)のプランAです。
年代別の貯蓄額推移を示しています。

 

 

鈴木さんは75歳で貯蓄がマイナスとなってしまいました。

 

このままでは、鈴木さん75歳以降は生活できません!

 

プランAの詳しい説明は「マネープランを作る前にやっておくこと!」をご覧ください。

50代は「長生きリスク」に手が打てる最後の世代!

 

では、「長生きリスク」に備える方法ってあるんでしょうか?

 

50代だったらあるんです !

 

ところが、肝心の50代の方が気づいていないのです!

 

いや、気づいてはいるのですが、手を打っていないのです!

 

 

エッ、まだ間に合うんだったらやりたい!

 

こう思った人は幸運です!
まだまだ間に合うんです!

 

50歳の方が65歳になるまでは、15年の時間があります。

 

この時間が有れば、いろんな手が打てます。
大事なお金の準備も間に合います。

 

このサイトで「長生きリスク」に備えましょう!

 

このサイトは、50代限定「長生きリスク」に備える「定年後のマネープラン入門書」です。

 

具体的には、鈴木さん(50歳、平均的な会社員)をモデルに最適な定年後のマネープランを作っていきます。

 

鈴木さんの最初のマネープランでは75歳で貯蓄が0円になってしまいました。・・・・(プランA)

 

びっくりした鈴木さんが本気になっていろいろチャレンジしました。
そして、80歳で1,000万円の貯蓄ができる「定年後のマネープラン」が出来上がりました。・・・・(プランB)

 

さらに鈴木さんは勉強して、毎年海外旅行に行ける「定年後のマネープラン」を作り上げました。・・・・(プランC)

 

このサイトでは、そんな鈴木さんのケーススタディを盛り込みながら、あなたの定年後にとって参考になるヒントを提供します。

 

 

主な内容は・・・・

「長生きリスク」の現実を知る!

 

なぜ50代は「長生きリスク」に備える最期のタイミング?

 

50代でやっておくこと!

 

取り敢えず「定年後のマネープラン」を作ってみる!

 

きびしい定年後の家計を実感する!

 

定年後に必要なお金はいくら?

 

マネープランの大事なポイント!

 

年金はいくらもらえる?

 

先輩たちは定年後どんな暮らしをしている?

 

                        などなど・・・

 

このサイトが定年を間近に控えている50代の方の参考になれば幸いです。